Coleman The Outdoor Company™

CAMP NEVER GETS OLD
アメリカンヴィンテージシリーズのモチーフは、 アメリカが青春だった時代の、キャンパーたち。   車の屋根の上には、テントやクーラーボックス。 出かけるのは、大好きな人。そして、大好きな犬。 押さえきれないワクワクを連れて、大自然の中で、思いっきりあそぶ。 そんな底抜けに明るいシーンを、描きました。   感じてほしいのは、キャンプの楽しさ。 アメリカ生まれのコールマンが、守り続けてきたスピリット。 CAMP NEVER GETS OLD いままでも、これからも、 キャンプはずっと色褪せない。
Story of LANTERN "真夜中の太陽"
コールマンのアイコンとしておなじみの、ランタン。 実は、創業のきっかけになった、由緒正しいアイテムなんです。1913年、真っ暗闇だった夜の農村に普及したランタンは、農作業の後に大切な人と語らう豊かな時間を生み出しました。 真夜中の太陽というニックネームまでつけてもらい、100年以上に渡って愛されています。
Story of COOLER "伝説の保冷力"
ある日起きた、車の炎上事故。ドライバーの男は鎮火後、焼け焦げた車の中に、コールマンのクーラーボックスを見つけました。 おそるおそるフタを開けてみると、そこには氷漬けの海老がそのまま残されていたそうです。 コールマンのクーラーは、どんな環境にも耐え、使い込むほど味の出る、頼れる相棒みたいなやつなんです。
Story of TENT "元祖モダンテント"
モータリゼーション全盛期の時代。 日本に初めて輸入されたコールマンのテントはコットン製。 真っ平らな壁と、高い天井に囲まれて気分はまるで自分だけの隠れ家のよう。 家にあるものを丸ごと詰め込んで出かける、ビッグでファンなキャンプスタイルは、現代のキャンパーにも脈々と受け継がれています。
close