BBQ LESSON NO.3
シーン別BBQ(チャコール)グリルの選び方

シーン別BBQ(チャコール)グリルの選び方? チャコールグリルの種類は、いろいろ。シーンに合わせて、ちょうどいいサイズや機能のグリルを選びましょう

「参加人数」で選ぶ!チャコールグリルのいろいろ

1.着火剤をロストルの上に配置し、その上に木炭を載せる。(概ね300~500g程度)

着火剤をロストルの上に配置し、その上に木炭を載せる。(概ね300~500g程度)

2.着火剤は多めに使用し、着火剤の上には小さな炭を空気が通るように組み合わせながら載せておく。

着火剤は多めに使用し、着火剤の上には小さな炭を空気が通るように組み合わせながら載せておく。

3.着火剤に点火し、そのまま放置しておく。

着火剤に点火し、そのまま放置しておく。

4.着火剤の炎が落ち着き、炭に火が移ったら団扇などで仰ぐ。

着火剤の炎が落ち着き、炭に火が移ったら団扇などで仰ぐ。

5.団扇で扇ぎ、火が上がったら扇ぎ止め、を繰り返し、炭の7~8割に火が移るまで繰り返し、その後炭をロストル全体に広げる。

団扇で扇ぎ、火が上がったら扇ぎ止め、を繰り返し、炭の7~8割に火が移るまで繰り返し、その後炭をロストル全体に広げる。

6.広げた炭に大き目の木炭を載せ、再び団扇で扇ぎ、火が上がったら扇ぎ止めを繰り返し、全体の7~8割に火が移ったら準備完了。

広げた炭に大き目の木炭を載せ、再び団扇で扇ぎ、火が上がったら扇ぎ止めを繰り返し、全体の7~8割に火が移ったら準備完了。

製品の機能で選ぶ

1.ロストルに小さな炭を空気が通るように組み上げる。(概ね300~500g程度)

ロストルに小さな炭を空気が通るように組み上げる。(概ね300~500g程度)

2.組み上げた炭の中心部に向かってトーチから炎を放射し、炭の中心部を燃焼させる。

組み上げた炭の中心部に向かってトーチから炎を放射し、炭の中心部を燃焼させる。

3.炭の中心部が燃焼したら、団扇で扇ぎ、炎が上がったら扇ぎ止め、を繰り返し、炭の7〜8割に火が移るまで繰り返し、その後、炭をロストル全体に広げる。

炭の中心部が燃焼したら、団扇で扇ぎ、炎が上がったら扇ぎ止め、を繰り返し、炭の7〜8割に火が移るまで繰り返し、その後、炭をロストル全体に広げる。

4.広げた炭に大き目の木炭を載せ、再び団扇で扇ぎ、火が上がったら扇ぎ止めを繰り返し、全体の7〜8割に火が移ったら準備完了。

広げた炭に大き目の木炭を載せ、再び団扇で扇ぎ、火が上がったら扇ぎ止めを繰り返し、全体の7〜8割に火が移ったら準備完了。