Top banner

キャンプに行ったら、
男のキャンプ料理を息子にふるまう。

これは父親として、
ぜったいやろうと決めています。

それならば、と勇んで手に入れたのが
413Hパワーハウス®ツーバーナー。

これ、聞けば聞くほど、奥深い魅力があるようで。

ファミリーキャンプ
ビギナー

鈴木さん

ひとり息子にとって初めてのキャンプ。いい思い出を作ってあげたくていろいろ準備中。

快適生活研究家

田中ケン

アウトサイドベースを拠点にキャンプの楽しさを発信するアウトドアマスター。息子と娘、2児の父。

コールマン営業本部

島名宣行

コールマンアイテムを愛し、二人の息子と奥さんを愛する元ラガーマン。

鈴木さん

アウトドアといったら、413Hパワーハウス®ツーバーナー。親子のキャンプでもこれは欠かせないなと思ってます。

ケンさん

間違いない! 413Hはね、使えば使うほど好きになりますよね。子どももきっとそうだと思うな。

島名さん

そうですね。1泊2日でもそうですが、2泊以上するならツーバーナーがベストだと思いますよ。ランタンもガソリン式の物で揃えれば、さらに便利です。コールマンが1920年代から製造している、超定番です。僕は火をつけたときの、シュー、ゴーっていう音が好きなんですよねぇ。古い機関車みたいで。

鈴木さん

見た目もクラシックでカッコイイですしね。

ケンさん

使い込んで味わいが出てくるともっとカッコイイんだよね。それにルックスだけじゃなくて、火力が強かったり、寒いところでもちゃんと使えたり、丈夫で長持ちだったり。僕はこのツーバーナーがきっかけでアウトドアにハマったんですよ。

鈴木さん

そうだったんですか! 知らなかったなその話。

ケンさん

もう今から30年も前になるのかな。初めてのキャンプに遊び仲間の先輩が連れて行ってくれたんです。「寝袋だけ持ってこい」って言われてね。キャンプ場に着いても何をしたらいいかわからないから、僕はボーッと立ってるだけ。先輩はあっという間にテントを建てて、シャンパンを空けて、メキシコ料理のフルコースを振る舞ってくれました。食後にはカクテルまで用意してくれて。いやぁ〜カッコよかったし、ウマかったなぁ。そのとき使っていたのが、413H。それが初めての出会い。もう、とにかくそのキャンプが楽しかったし、確信したんです。「これが究極の遊びだ」ってね。それで東京に戻って、これをすぐ買いました。それからは、もうどんどんハマっていって、今にいたるというわけ。

鈴木さん

ケンさんがアウトドアマンになるきっかけを作った道具なんですね。昔と変わらないものが今でもあるっていうのも、なんかいいですね。

島名さん

デザインはちょっと変更したりもしてるんですが、基本的な構造は同じです。ホワイトガソリンを燃料にして、ポンピングする事でタンク内に空気圧を加えて、燃料バルブを開くと、タンク内で圧縮された空気とガソリンが霧状になってジェネレーター内に送られ、バーナーに火を近づけると着火し、着火した火によってジェネレーター内の燃料が気化されて火力が安定する。その仕組み自体は90年くらい前からあり、すごくシンプルにできているので、メンテナンスや修理をしてもらえたら、ずーっと使えますよ。

ケンさん

すごいよね。古いものでも、未だに現役で使えるから。使い込んでベコベコになっても、むしろそのほうが愛着がわくし、年季が入っていていい。キャンプ場で新品を出すと、ちょっと恥ずかしい気がしたりね(笑)。部品を買って、自分で修理しても楽しいしんです。

島名さん

ポンプノブの先やジェネレーターなど、使っていくうちにダメージが出てくるところは決まってますからね。慣れてくれば、どこの部品を変えたらいいか、わかってくるようになります。もちろん、カスタマーサポートや昭島店でも修理を受け付けているので、コールマンのサポートも万全です。

ケンさん

僕が30年前に買った413Hも、もちろん現役ですよ。直しながら使い続けて、ベコベコになってるけどね。今はそれを息子が使ってます。「オレ抜きでキャンプに行くようになったらあげよう」って思ってたんです。譲ったときは、「もっと新しいの貸してよ」って言われちゃったけど(笑)、キャンプに目覚めたきっかけを与えてくれたもので、大切に使ってきたことを伝えたら、喜んでくれました。

鈴木さん

ステキな話だなぁ。僕もどんどん使い込んでいかないと。ピカピカのまま息子にあげたら恥ずかしいし(笑)。ツーバーナーはどんな料理がオススメですか?

ケンさん

アウトドアクッキングについて教えてほしいってよく聞かれるんだけど、ホントのこと言えば、413Hがあれば何でもできるんです。火力が安定して強いから、例えばチャーハンだってすごくうまい。僕が作ればね(笑)。ま、アウトドアというシチュエーションで、だいぶ美味しく感じてもらえますから。みんなダマされちゃうんです(笑)。

鈴木さん

(笑)たしかに。外で料理を作って食べるっていうだけでも、特別ですもんね。子どもにとってはなおさら。なんだか気持ちが楽になってきました。

島名さん

いや、ケンさんの料理はサイコーですよ。ダマされてるわけじゃないと思います!

ケンさん

お、うれしいな。じゃあ、はりきって作っちゃいましょうか。準備をするので少し待っててください。

鈴木さん

お願いします!

島名さん

鈴木さんはこう思った

413Hパワーハウス®ツーバーナーはとにかくキャンプにもってこい。

シンプルでタフで長持ち。使い込むほどにカッコイイものなんだな。