Top banner

コールマンと言えばランタン。

「シーズンズランタン」「バースデーランタン」
「ヴィンテージランタン」など、

ガソリンランタンは知れば知るほど
魅力があるようで。

いろいろ知りたいので、ケンさんと島名さんの
秘蔵品も見せてもらいます。

ファミリーキャンプ
ビギナー

鈴木さん

ひとり息子にとって初めてのキャンプ。いい思い出を作ってあげたくていろいろ準備中。

快適生活研究家

田中ケン

アウトサイドベースを拠点にキャンプの楽しさを発信するアウトドアマスター。息子と娘、2児の父。

コールマン営業本部

島名宣行

コールマンアイテムを愛し、二人の息子と奥さんを愛する元ラガーマン。

鈴木さん

実は買ってあるんですよね、シーズンズランタン。10年前の息子の生まれ年のものです。

島名さん

お! いいですね。バースデーランタンですか? ウチの息子ふたりのも買ってありますよ。

鈴木さん

はい。今回の親子キャンプで息子にサプライズで贈ろうと思ってるんです。

ケンさん

喜ぶだろうなぁ。ガソリンランタンは音がなんともいいですからね。炎も黄色がかっていて、雰囲気が柔らかくなる。ガスやLEDじゃシャンパンをおいしく飲めない気がするもんね(笑)。

島名さん

ランタンはコールマンのロゴマークにもなっている象徴的なアイテムですからね。それだけ根強いファンの方たちもいらっしゃいます。シーズンズランタンは「200B」といういちばんクラシックな形のランタンに、その年毎のコンセプトに合せ、色やグローブ、デカールと呼ばれるタンクのステッカーのデザインを毎回変えています。僕もつい毎年欲しくなって買っちゃいますね。

ケンさん

ガソリンランタンも使うほどに愛着がわいてくるからね。僕も毎年手に入れてしまう。あとは友人に子どもが生まれたら、その年のシーズンズランタンをプレゼントしますよ。それがまたすごい喜んでくれるんだよね。

鈴木さん

それはうれしいですね!

島名さん

ケンさん

子どもが10歳くらいになったときに一緒にキャンプに行って、ランタンの使い方を教えてあげながら、プレゼントしちゃうのがいい。僕も自分で初めて買った古いやつを息子にあげましたね。娘にはもうちょっと小さくて扱いやすいやつを。クラシックな定番アイテムだし、メンテナンスをすればずっと使えるから、贈り物にいいんです。もちろん、自分で持っているのもいいんだけど。男はモノ好きだからね。

島名さん

わかります。つい集めたくなるんですよね。実は僕、自分のバースデーランタンも苦労して探して、買っちゃいました。製造年月が僕の生年月と同じものです。本体の底に刻印されているので、マニアの方たちはよくそれを探してるんですよね。

ケンさん

あ、いいな。200Aの赤ランタン! 年や月によっては作ってなかったりもするから、探せばあるってわけじゃないんですよね。僕も探したんだけど、ちょうど作ってないタイミングだったみたいで、代わりにこれをアメリカで買いました。

島名さん

めずらしい! シアーズのツーマントルですね。

鈴木さん

シアーズ? あのアメリカのデパートのですか?

島名さん

そう。60〜70年代にシアーズのランタンをコールマンがOEM生産していたんです。だからロゴは入っていないんですが、ヴィンテージランタンとして人気が高いんですよ。シアーズブルーといって、独特の色合いがカッコイイですよね。

ケンさん

本当はやっぱり200Aの赤が欲しかったけどね(笑)。実は、こんなゴールドのランタンもあって!これはアウトドアを日本に広めたということでコールマンから表彰されてもらったんです。

島名さん

わ、すごい! これはとっても希少なものです。シルバーは見たことありますが、ゴールドは初めて見ました!

ケンさん

そうでしょー。キャンプ場のセンターに飾ってます。自慢げに(笑)。

鈴木さん

ガソリンランタンはいろいろあるんですねぇ。こんな奥深いとは思っていませんでした。

島名さん

コールマンの200Aの赤ランタンは、リーバイスの501と並ぶくらい、アメリカでベストセラーになったんです。それだけモノとして確かで、生活に根付きやすく、多くの人を惹きつけるものなんでしょうね。実際、キャンパーはどんどんランタンが増えていくんですよね。ヴィンテージランタンにはいろんな色や形の物がありますから、自分の好みを探したり。

鈴木さん

はい。すでにちょっと欲しくなってます。自分のバースデーランタンも。ヴィンテージランタンでも、構造が同じだったらメンテナンスもそんな難しくないですよね?

島名さん

そうですね。基本的には修理できます。一般の販売店だけじゃなくて、去年からは直送修理受付センターに電話して、修理センターに郵送する修理サービスも開始し始めました。ランタンだけでなく413Hなど燃焼器具類のメンテナンスや修理なども受け付けています。ちょっと直せば使えるようになることも多いので、困っていることがあったら、ぜひ相談してみて下さい!!

鈴木さん

新品だとしても、使ってみてわからないこともありそうですもんね。サポートが手厚いのはうれしいな。

ケンさん

基本的には、使い初めにちゃんと空焼きして、あとは毎回点火するときに、しっかりポンピングすれば大丈夫。指が痛くなって、親指に「CLOSE」の跡が残るまでね(笑)。ポンピングをちゃんとやってる人は、なんだか「いい人だな」って感じるんです。

島名さん

あ、なんかそれわかりますね。子どもに頑張らせたりしても、楽しいですしね。

鈴木さん

それはいいかも。バースデーランタンをプレゼントして、今聞いた話をしてあげようと思います。うちの息子もきっと、好きになってくれますね。

鈴木さんはこう思った

ガソリンランタンには、長い歴史といろんなストーリーがある。

背景を知ると、さらに面白い。ただ単純に、独特の音と柔らかな光もいいけれど。