カスタマーサポート

コールマンの「クラフトマンシップ」あふれる現場に密着!

コールマンの「クラフトマンシップ」あふれる現場に密着!

コールマンは、お客様が商品を長く使ってもらえるように、常にたゆまぬ努力を怠りません。そんなコールマンの姿勢を体現するアフターサポートの現場をご紹介します。職人の高いクラフトマンシップをご覧ください。

大公開!アフターサポートの現場に密着しました

大公開!アフターサポートの現場に密着しました

 アフターサポートには、ランタンやファニチャーなどを修理する「ハードライン」と、テントやタープといった生地の縫い物やポール類などを修理する「ソフトライン」の2種類があります。人によって進み具合が異なりますが、ひとりで1日20点を直すことを目標にしています。
 ここでは、ハードラインとソフトラインそれぞれの修理の様子を、実際に壊れているBefore写真・完成したAfter写真とともにご紹介します。

その1)ガソリンストーブ「ピーク1」(1987年モデル)

その1)ガソリンストーブ「ピーク1」(1987年モデル)

 最初に修理するのが、400系と呼ばれるガソリンストーブ「ピーク1」。現在販売されている「フェザー(TM)ストーブ」の元となったアイテムとして、今でも多くのファンを持つガソリン式シングルストーブです。この「ピーク1」を修理するのは、ハードライン担当の柴田さん。修理歴15年の熟練修理士です。

Before写真

 まずはBefore写真。拡大するとわかりやすいですが、コンロの中央が錆びついています。柴田さんが確認したところ、「ポンプの空気が逆流して点火できない」とのこと。赤いレバーも腐食が進み、かなり悪い状態ということがわかります。

修理をしている様子

 今回は故障しているポンプ部とバルブの他、ユーザー様より「錆びているパーツを交換してリフレッシュしたい」との希望があった為、腐食しているパーツを全て交換します。柴田さんのように、アフターサポートには熟練の職人が多く在中。大体の原因は把握できるので、チェックを行い、見積もりをとって確認がとれ次第すぐに修理を開始します。

パーツを分解

 赤枠内左のバルブを外すにはかなり力が必要なので、万力が必要です。(大きいレンチなどでも代用はできます)赤枠内右のチェックバルブを外すには、専用のレンチが必要です。その他のパーツは特に専用の工具は使わず、ここまで分解することができます! 状態によっては、パーツの交換ではなくサビを落として清掃するだけで済むことも。

D8E59598

 柴田さんは、「ピーク1」を修理したのは、すでに数百個もあるとのこと!慣れた手つきでスムーズにパーツを組み立てます。

After写真

 こちらがAfter写真。当てはまるパーツをパーツコーナーから引っ張り出し、組み立て、そして点火チェックして問題なければ完了です。修理に取りかかってから修理が終了するまで、じつに10分ほどで完成してしまいました!

その2)スクリーンタープ

その2)スクリーンタープ

 次に修理するのは、ドームテントとコネクティングすることができる人気の高い「スクリーンタープ」。ナイロンドアと蚊帳の役割があるメッシュパネルの2層構造になっていますが、このBefore写真の状態を見ると、ナイロンドアもメッシュパネルもともに破けています。現場の人によると、近年はペットを連れてキャンプをするファミリーが増えており、ペットが引っかいて破いてしまうケースが増えているそうです。

メッシュ部分の修正をする様子

 最初に取りかかったのはメッシュ部分。なんと、あらかじめこのサイズにあった当て布を用意し、熱接着テープを貼ってすぐにアイロンで圧着し始めた!「生地の破れはよくある修理なので、メッシュ生地をあらかじめ工場から取り寄せて、複数の大きさに分けて保存しているんです」と話すのは、ソフトラインに着任して8年目を迎える職人さん。慣れた手つきで、すぐに当て布を圧着させてしまいました。

メッシュ部分の修正をする様子

 圧着が完了したら、破れた生地を糸切りバサミで丁寧にカットします。裏側にも黒いふちの当て布をして、ふちを縫製してメッシュ部分の修復は完了!

ナイロン生地をアイロンで圧着する様子

 ナイロン生地は、破れた部分を寄せて、メッシュ生地と同じく工場から取り寄せ修理箇所に形を合わせたナイロン生地をアイロンで圧着させます。

糸で固定する様子

 圧着した後、実際に工場の縫製で使用するものと同じ糸を使って縫っていきます。テープで糊付けしただけでは、すぐに剥がれる可能性があるため、糸で固定することで強度をつけるのです。

裏面に防水用シームテープを施す様子

 仕上げには、裏面に防水用シームテープを施します。破れた部分からの水漏れを防ぐためです。これでタープの修理は終了。完成品のAfter写真はこちら!

After写真
After写真

 まるでひとつのデザインとして完結しているかのような仕上がりになりました。依頼時に修理後の耐久性を想定し、性能が保てないものは修理をお断りしているとのこと。
 破れている部分が20cm以上の場合、強度の関係で修理が厳しいことがあるので、心配な人は気軽にアフターサポートに相談してください。

コールマンが自負する「高いクラフトマンシップ」とは?

 コールマンでは、製造だけでなく修理にも力を注いでいます。ここでは、実際にどのように修理技術を向上しているのかをご紹介します。

その1)新人と熟練職人がペアになってOJT!

その1)新人と熟練職人がペアになってOJT!

 熟練の修理士が多く在中していることも強みですが、新人への教育も丁寧に行なっています。たとえば、OJT(=On the Job Training、現場教育)。商品数もカテゴリー数も膨大のため、実際に商品を修理しながら覚えてもらうように、実際に現場で修理をしながら、熟練の職人が1対1で教えています。

その2)お客様自身でメンテナンスできるようサポート!

D8E6268

 修理現場の技術向上はもちろんですが、お客様自身でも直せるように、修理の方法をサポートしているのも弊社の特徴です。メンテナンス方法をカタログやWEBサイトで紹介していますし、イベントやショップの講習会では、実際に修理士が登場して教えています。
 そのために、どうやったら一般の人たちにわかりやすく伝えられるのか? 初心者でも修理できるように、どうしたら商品の構造を理解してもらえるのか?日々取り組んでいます。自分で修理して再び使えるようになれば、商品に対する愛着が増すことを知っているから、修理を依頼してプロが直す一方的なサポートにとどまらず、お客様自ら直せるようにバックアップをするという、“一歩先を行く新しいサポートのかたち”を目指しているのです。

その3)どんなに修理量が多くても納期を守る!

その3)どんなに修理量が多くても納期を守る!

 プロダクトセンターには、特にゴールデンウィークやお盆といった長期休暇が終わった時期になると、最大で1日に300点ほどの商品が届きます。これらを効率的に、しかし確実に修理してお戻しできるように、ハードラインとソフトラインには必ず10年以上の熟練修理士がついたり、修理に困ったときのために机の配置を横並びにして相談しやすくしたりなど、日々改善を行なっています。
 それはお客様が次にアウトドアに遊びに行く時までに、確実に修理が間に合うようにするため。”遊びのために本気”。それがコールマンのプロダクトセンターなのです。

まとめ

まとめ

 コールマンのプロダクトセンターは、高いクラフトマンシップをもったメンバーが
1)的確なチェックと最適な修理をすることによって、再び使えるように高い意識を持って日々取り組んでいる
2)お客様自身が修理できる手厚いサポートを行う次世代のアフターサポート体制を推進している
3) “遊びに本気”そんな場所なのです。

関連リンク