トレッキングは、こんなにたのしい! TREKKING IS THIS FUN!

トレッキングの持ち物リスト。

サラウンド感たっぷりの鳥のさえずりや虫の声を耳に、足下のアップダウンを感じながら、自然の変化を目でたのしむ。
トレッキングの面白さは、アスファルトの上を歩くのとは、まったく異なるショートトリップ感が体験できること。
持ち物は軽量がいちばんですが、天候、気温、疲労など、さまざまな事態を想定してアイテムをそろえておくと安心。
また、夕日や朝日を見たいなら山小屋泊の準備を。クッカーやヘッドライトも忘れずに。

山にふさわしいハイパワーのワンバーナー。
山岳トレッキングの相棒と言えば、ワンバーナー。風が抜ける山の上なら、最高火力3,700kcalのF-1パワーストーブ(b)を持って行きたいところ。山頂のゴツゴツした石の上に置いたバーナーで淹れるコーヒーのうまさたるや格別です。シェラカップは、調理を考えるなら、焦げ付きにくいノンスティック加工のほどこされた深めのもの(a)を。料理の幅が広がり、休憩時や山小屋の宿泊にほっと心がともるひとときを約束してくれます。
バックパックのパッキング法。
山小屋泊の場合、荷物が多くなるので、パッキングには工夫が必要。基本は、軽いものを下に、重いものは背中の上側に入れると、腰や肩への影響が軽減されます。到着してから取り出せればよい衣類や寝具はいちばん下に、食品やバーナー、ガス缶など重いものは背中側の上に、地図や雨具、キャンディなどは取り出しやすい位置に入れておくと便利です。