スリーピングバッグ選びのコツ。 SLEEPING BAGS

眠りにもいろんな形があります。

キャンプの眠りをつくる上でのマストアイテムと言えば、スリーピングバッグ。
別名、シュラフや寝袋とも言います。ふかふかの綿や羽毛が入った等身大サイズの袋状で、キャンプにおいては布団の役割を果たします。
大きく分けて封筒のような形をしたレクタングラー型と人のフォルムに沿ったマミー型の2種類あり、それぞれに使用感や寝心地が異なります。
また、中綿の素材、量によって対応温度が異なるため、目的地の夜の温度を事前にチェックしてから選ぶことが大切。
さらに、手入れのしやすさを考えるなら、丸洗いできるタイプを。

レクタングラー型

ゆったり快適な寝心地で選ぶなら。

ゆったりとした封筒形で快適な寝心地を得られるレクタングラー型。
2枚をジッパーで連結できるので、親子ひとつの布団で寝られます。
また、寒い日は外でブランケット代わりに使うことも可能。
多少汚れたって洗濯機で丸洗いしてしまえばOKですから。

マミー型

保温性と携帯性で選ぶなら。

すっぽりくるまった寝姿が、みのむしのようなマミー型。
からだにフィットした形状ゆえに、あたたまった空気が逃げにくく、ぬくぬくと眠れます。
折り畳むとコンパクトになるため荷物を小さくしたい登山やツーリングにもおすすめ。

-15℃までカバーする
保温性能と寝返りの
うてるゆとりを確保。
手足を出して
「着る」感覚の
コルネット。

ストレッチケイマン

レクタングラーとマミーのいいとこどり。

レクタングラー型とマミー型のいいとこどりを考えてつくったのがストレッチケイマン。
圧迫感がなく、横に伸縮するストレッチ機能で動きやすく、また、からだにフィットするのでとてもあたたか。
コンパクトになるのもうれしいポイント。

アウトドアの夜は
思ったより寒い。
東京の夏の最低気温が25℃のとき、標高1000mの軽井沢は15℃になることも。高原の夜は思ったより寒いことがほとんどです。標高が100m高くなるごとに約0.6~1℃気温が下がるため、スリーピングバッグはキャンプ予定地の最低気温から-5℃低い対応温度を目安に選ぶと安心。