青空パーティーの会場をつくろう。 CREATE THE VENUE

シェードってタープとどう違うの?

タープとの違いは、組み立てやすさを第一に考えてつくられている点。
天井と4本の脚だけのシンプルな構造なので設営に時間や手間がそれほどかからず、とっても手軽に使えます。
使い道は、キャンプのみならずBBQやスポーツ観戦、野外フェスの拠点、
フリーマーケット、ガーデンパーティー、庭仕事の日除けなどさまざま。
天気のよい朝、思い立って庭でごはんを食べたくなったときでも、あなたの思いに充分応えてくれます。
その身軽さゆえ、強風にコテンと倒れることもありますが、
付属のペグやロープでしっかり固定しておけば、恐れることはありません。

今、日かげが欲しい!
その瞬間に
スマート設営。
日帰りBBQでタープを立てるのは面倒。スポーツイベントや野外フェス会場に拠点を構えたいとき、限られた空間でタープを設営するのは大変。そんなときに活躍するのがインスタントシェードやイージーキャノピー。中でも生地とポールが一体型のインスタントシェードは広げてポールを組み立てるだけのワンタッチ設営。今、日かげが欲しいその瞬間に快適な日かげをつくれます。
どこまでも
拡張できます。
丸いアーチを描くドーム形パーティーシェードの利点。それは、日かげの面積が広く取れて雨・風に強いこと。そして、同じサイズならジョイントフラップでつなげて連結できること、です! たとえば、仲間同士で一台ずつそろえれば、その名の通りパーティー会場を作ることが可能。また、オプションでインナーテントやメッシュスクリーンがあるので、テントやスクリーンタープのように使うこともできます。至れり尽くせりのシェードであなたならどう遊ぶ?
サイドウォールの役割。
シェードをもっと快適にする方法。それは、オプションのサイドウォールで壁をつくること。日かげ面積を増やし雨や風の吹き込みを防いでくれます。2面取り付けてコーナーをつくるもよし、3面でコの字型に使用するもよし、4面囲むとプライバシーを守れます。