究極遊びのすすめ Ultimate Playground

「アウトドアを取り入れることで、生活はもっと快適になる」を信念に“快適生活研究家”として、幅広いメディアで活動する田中ケンさんのつくるアウトドアリゾートのテーマは"Ultimate Playground"。アウトドア歴25年、あらゆる外遊びをやり尽くしてきた田中さんが辿り着いた、究極に遊べる大人のアウトドアリゾートです。
「まず、アウトドアだからといってサバイバルにはしたくないんです。もういい大人なので(笑)。どんなフィールでも快適に過ごしたい。そしてそのために必要なのは“食”“住”“遊”を充実させることだと僕は考えています。おいしい料理、快適な居住空間、夢中になれるアクティビティ。この3つにこだわることで、快適なアウトドアリゾートができあがるんです。」と語る田中さん。

その言葉通り、あらゆる調理器具が揃うキッチン、マスターシリーズで統一されたリビングや寝室などは、キャンプサイトというよりも、むしろ別荘のよう。「とはいえ、ビギナーの方が最初から3つ全てにこだわろうとしたら、やはり大変だと思います。だから僕はいつも、はじめは“食”“住”“遊”のどれか1つに重点を置いてみることをオススメしています。例えば初めてのキャンプでは料理にこだわる。食事の時間をメインにして、泊まるところはコテージなどで済ましてしまう。そして次の機会にはテントの中にこだわってみる。食事はコンビニで済ましてもいいし、店に食べに行ってもいい。さらに次はめいっぱい遊んでみる。山に登ったり、カヌーに乗ったり。

慣れてきたらそれらのうちの2つを組み合わせてやってみる。と、そんなことを繰り返していると、いつのまにかアウトドアのプロになるんです。僕自身そうでしたから(笑)。」現在では年間250日以上はフィールドに出ているという田中さん。最後にこんな言葉も付け足してくれました。「偉そうに語ってしまいましたが、結局のところアウトドアって遊びなので、楽しければいいんです。だから少しでも興味があれば、難しく考えずに、とりあえず外に出て遊んでみてほしい。知識や技術は、やってるうちに自然と付いてきますから。」とことん遊ぶ、そして楽しむ、という田中さんの思いが体現されたアウトドアリゾート、みなさんもぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

他にもこんな“つくりかた”を