青空工房 Blue Sky Studio

「いきものに学ぶ」をコンセプトに、生物の生態や形態を模したプロダクトの生産や、作品の展示会、ワークショップなど幅広く活動しているデザインレーベルseto。その瀬戸けいたさんとなおよさん夫妻のつくるアウトドアリゾートのテーマは、"Blue Sky Studio"。
青空の下に工房を持ち出すという、プロダクトデザイナーならではのアウトドアリゾートです。「“アウトドアリゾート”と聞くと、どこかの山奥とか、大きな川や湖のほとりとか、日常から 離れた大自然の中をイメージする方もいると思うんですが、僕たちの考えるアウトドアリゾートというのは、もっと身近なものも含まれているんです。

例えば家の近所の公園や、いつものお散歩コースでも、ちょっとしたアイデアを持ち出すだけで、そこがアウトドアリゾートになりうると思います。」と語るけいたさん。「今回は都会の公園に、僕が普段工房などで行っているワークショップを持ち出しました。いつも室内でやっていることを青空の下でやる、と言葉にしてしまえばそれだけなんですが、やはり環境が変われば、できあがる作品も変わってきますし、外でやることで気分も開放的になって、単純につくることが楽しくなりますよね。」そんなけいたさんの言葉通り、この日行われた青空ワークショップでは、多くの親子連れの参加者が、芝生の上で裸足になり、そよ風に吹かれながら、ほんとうに気持ち良さそうに作業をしていました。

「ぼくたちの場合はものづくりが好きなので工房を持ち出しましたが、そこにルールはないので、みなさんにはぜひ自分の好きな遊びやものを自由に持ち出して楽しんでもらいたいですね。」アウトドアリゾートを楽しくするヒントは日常生活の中にあると語るけいたさん。
みなさんも普段家で やっていることや、自分の好きなものを、さくっと外へ持ち出すというような気軽な気持ちで、アウトドアリゾートをつくってみてはいかがでしょうか。

このアウトドアリゾートをつくるためのおすすめギア

他にもこんな“つくりかた”を