5つ星の大人のキャンプ Outdoors 5-Star Hotel

釣り専門誌の編集長を20数年務めた業界のキーマンにして、根っからのキャンプ好き。その豊富な経験を背景に、快適性重視のアウトドアスタイルを提案する“コールマンの達人”、三浦 修さん。人呼んで、“快楽フィッシャーマン”。そんな三浦さんが作るアウトドアリゾートのテーマ。それは、"Outdoors 5-Star Hotel"でした。
「今回の“アウトドアリゾート”というテーマは、まさにボクに打ってつけ。というのも、ボクの場合、キャンプだからといって色々制限されるのがイヤだから、自分に正直に、本当に気持ちがいいと思えるものをどんどん持ち込んで、とにかく快適な空間を心がけてます。

ストイックなキャンプじゃなくて、リゾート感覚のキャンプっていうのかな。目指すは野外の5つ星ホテル!」。そう話す三浦さんのサイトには、現代のテクノロジー先行のアウトドアギアとは一線を画す、ウッドやコットン、ウールなど、クラシックなアイテムが満載。「基本的に、こういったナチュラルな素材感が好きなので、ギアもそういうものが中心になってきますね。そこにあるウッドの椅子なんかは、30年は使ってるんじゃないかな。蛍光色や原色も苦手だから、色味も全体的にアースカラーに。こういう自分が好きな雰囲気に包まれるっていうのが、ボクにとってはスゴく大事なポイントなんですよ。

あとは遊び道具も必須。今回は自分の中で、水辺でのキャンプっていう設定をしたので、釣りとカヌーの道具をセレクト。バードウォッチングも楽しめるように双眼鏡もね。そういう何かしらのレクリエーションも、ボクには欠かせない要素ですね。そんな風に、自分が楽しめること、心地良いと思えることに専念することが、ボクのキャンプスタイル。つまり、“アウトドアリゾート”のカタチですね」。
アウトドアという枠組みの中でも、我慢や妥協をせず、自分の好きなものをとことん楽しむ。そんな自由で快楽的な三浦さんのキャンプスタイル、みなさんも是非参考にしてみてください。


このアウトドアリゾートをつくるためのおすすめギア

他にもこんな“つくりかた”を