氷上の秘密基地 White Base

今やオシャレキャンパーのバイブルとして知られるアウトドアファッションマガジン『GO OUT』の編集長、竹下充さんがつくるアウトドアリゾートのテーマは“氷上の秘密基地”。「アウトドアって言うと、どうしても夏のイメージが強いんですが、冬にしかできない外遊びもたくさんあるんですよ。」という竹下さん。今回はそんな外遊びのプロとも言える竹下さんのアイディアをカタチにすべく、公私ともに交流のあるアウトドアブランド『デヴァドゥルガ』代表の島崎仁志さん、そして『GO OUT 釣り部』の一員でモデルの久慈明日香さんとともに、長野県は松原湖でワカサギ釣りをメインとしたアウトドアリゾートづくりを敢行。

2月某日の早朝に現地入りした3人は、一面氷に覆われた湖上にベースキャンプとしてアイスフィッシングシェルターオートを設営。広々とした室内を思い思いに飾り付けると、その中でメインのワカサギ釣りはもちろん、温かい料理を食べたり、音楽を聴きいたり、談笑したり、ウトウトしたりと、冬のアウトドアとは思えないゆったりとした時間を満喫。夕方には沈みゆく太陽の光が、溶けかけの湖面に反射して最高のランドスケープに。

「この景色は計算外でしたが(笑)、こんな風に思わぬところで自然の雄大さに触れられるのも、アウトドアならではの良さですよね。」と、これまでさまざまなアウトドアライフを経験してきた竹下さんでさえも感動しきりの、最高のウインターアウトドアリゾートをつくりあげることができました。
※取材協力・立花屋(0267-93-2201)

他にもこんな“スタイル”を