小さなカフェを持ち歩こう Café in a Bag

ファッションマガジンを中心に、スタイリングから企画に至るまでマルチに活躍するスタイリスト、川村桃子さんがつくるアウトドアリゾートのテーマは"Café in a Bag"。「カバンに入れて手軽に持ち運べるカフェ」という川村さんのアイデアをもとに、今回は彼女のお友達も一緒に、いつもは自宅やお店で楽しんでいるという女子会を、青空の下に持ち出しました。穏やかな春の日差しと、頬をなでるような風が気持ちのいい週末の公園に、思い思いのカフェグッズをカバンの中に詰めてやってきた3人。園内の片隅に、木漏れ日が降り注ぐベンチを見つけると、さっそく外カフェづくりにとりかかりました。花柄のテーブルクロスの上に次々と並べられていく女性らしいアイテムの数々。

バケットやキッシュなどのフード類から、プレートやカップなどの小物類に至るまで、随所にスタイリストならではのセンスが光ります。やがて準備開始から五分も経たないうちに、どこにでもあるような公園のベンチは、明るく華やかなアウトドアカフェに変身。こうしてスタートした外カフェ女子会。さすがに普段から仲が良いというだけあって、3人のテンションは序盤から最高潮。ガールズトークで大盛り上がり。「周りに気を使わずに思いきり楽しめるっていうことも、アウトドアの醍醐味ですね。お店じゃこうはいきませんから。笑」そんな川村さんの言葉通り、終始笑いの絶えないアウトドアカフェ。

やがて、フードやおしゃべりでお腹がいっぱいになった後は、友達に借りてきたというグローブでキャッチボールをしたり、ポラロイドカメラで写真を撮り合ったり、さらにはワンバーナーを使って紅茶を作ったりと、アウトドアならではの女子会を満喫した3人。「場所は近所の公園でいいし、持ち物も家にある物だけで十分。食べ物も飾り付けもアイデア勝負です。アウトドアというだけで開放的になって、気分があがるんです。」と語る川村さん。手軽さの中にもアイデアが詰まった、女性ならではの明るいアウトドアリゾート"Café in a Bag"。日の光が気持ちのいい季節には、みなさんもバッグ片手に、気軽に出かけてみてはいかがでしょうか。
>マイナビウーマンでも外ごはんのヒント公開中!!
>日経ウーマンオンラインで外ごはんのコツをチェック!

このアウトドアリゾートをつくるためのおすすめギア

他にもこんな“スタイル”を