かんたん&あんしん&らくらく パドルジャンパー!

パドルジャンパーの特徴

  • かんたん ワンタッチ装着で、カラダにフィット。

    「パドルジャンパーシリーズ」は簡単に装着、サイズ調節ができて、身体にジャストフィット。
    年齢に合わせて選べる4つのシリーズ(インファント、パドルジャンパー、チャイルド、ユース)。

  • あんしん 泳いだとき、顔が水面に出る安全設計。

    「パドルジャンパーシリーズ」は、顔が水面から出ている姿勢で浮くので、水に慣れていないお子さまでも安心して楽しみながら水に慣れることができます。
    また、浮き輪と異なり、浮力体を使用しているので、穴が開いて空気がもれる心配もありません。

  • らくらく 両手が自由に動かせるから、泳ぎやすい。

    「パドルジャンパーシリーズ」は両手を自由に動かせるので早く泳ぐ感覚を身につけることができます。
    浮力で水中での姿勢が安定するので、楽に両手足を動かして、泳ぐことができます。

パドルジャンパーインファント

水遊びデビューに!顔が水につきにくくてプカプカ浮かべる 対象年齢2~3歳、適応体重14kg未満

※MOVIEを見て使用イメージとかんたん装着方法をチェック!

かんたん装着

インファント説明1
①アームホールに腕を通して、首もとのバックルを留める
インファント説明2
②背中のジッパーを上げる
インファント説明3
③足のストラップをつけて、ベルトの長さを調整

パドルジャンパー®レギュラー

水遊びのおともだち!手足を自由に動かせて泳ぎの上達も早くなる 対象年齢3~6歳、適応体重14kg~23kg未満

※MOVIEを見て使用イメージとかんたん装着方法をチェック!

かんたん装着

レギュラー説明1
①アームホールに腕を通す
レギュラー説明2
②背中のバックルを留める
レギュラー説明3
③ベルトの長さを調整

着用イメージ写真

パドルジャンパーチャイルド

幼児用のベストタイプ!ぴったりフィットして360°の浮力がカラダをサポート 対象年齢3~6歳、適応体重14kg~23kg未満

※MOVIEを見て使用イメージとかんたん装着方法をチェック!

かんたん装着

チャイルド説明1
①アームホールに腕を通してジッパーを上げる
チャイルド説明2
②バックルを留めてベルトの長さを調整
チャイルド説明3
③足のバックルを留めてベルトの長さを調整

パドルジャンパーユース

小学生用のベストタイプ!プールで、川で、海で、もっとアクティブに楽しめる 対象年齢7~11歳、適応体重23kg~41kg未満

※MOVIEを見て使用イメージとかんたん装着方法をチェック!

かんたん装着

ユース説明1
①アームホールに腕を通してジッパーを上げる
ユース説明2
②バックルを留める
ユース説明3
③ベルトの長さを調整

おしえて!パドルジャンパーの良いところ

パドルジャンパーを実際に使用しているママ

水辺の安全管理の専門家マリンエデュケーター今村直樹さん(TIDE POOL代表)

みんな大好き、パドルジャンパー!

西武園ゆうえんちのイベントで使用

お母様の声
怖がりなので、パドルジャンパーはいいと思います。
両手がフリーになるので、浮き輪にしがみつかなくていいところがすごくいいです。

お子様からの声
背泳ぎがしやすい!
動きやすい!

プールで使用

オレンジ色の花柄デザインがとても気に入って、自分から喜んで着けてくれました。
混みあうプールの中でも目立ちます。
浮き輪は自分で外してしまったりバランスを崩す心配がありますが、フロートベスト型はその点安心です。
顔が常に上に出ているので、水にスムーズに慣れて、早く泳げるようになりそうです。

スポーツセンターのプールで使用

かわいらしいデザインと鮮やかな色を子供が気に入って、喜んでパドルジャンパーを着用してくれます。
混みあうプールの中でも目立ちます。
パドルジャンパーを装着すると水の中で身体を動かしても姿勢が安定していますし、顔が常に水面から上に出ている状態なので、安心して遊ばせることができます。子供も水を怖がらず、深いプールにも果敢に挑戦して積極的に泳ぎ、楽しそうです。
安全に遊ばせることができるうえに、装着も簡単で、着用前の準備や使用後の片づけ・手入れも不要なので、浮き輪に比べて利便性が高いと思いました。