アジアン鶏飯(海南鶏飯)

鶏のだしが染みこんだ炊き込みごはん

材料

4人前

骨付き鶏もも肉2本

3合

塩、こしょう各少々

香菜(または細ネギ)適宜

 

(調味料A)

小さじ1/2

ナンプラー大さじ1/2

大さじ1

3合

ショウガ(スライス)5枚

 

(タレ)

ショウガ(みじん切り)ひとかけ

しょうゆ大さじ1

ナンプラー大さじ1

レモン汁大さじ1

ゴマ油小さじ1

Point

アジアン鶏飯は「海南鶏飯/シンガポールチキンライス」のアレンジごはんです。炊きあがって鍋のふたを開けたとき、大きな鶏肉がどーんとごはんに埋まっている姿は圧巻です。鶏肉は骨のついていないもも肉でも、胸肉でも作れますが、骨からしみ出すおいしいスープで炊き込む‘ごはんのうまさ’を一度は体験してくださいね。病み付きになること請け合いですよ!食べる時は、骨から肉をはずして、タレをかけ、ごはんと一緒に食べるのがシンガポール流!豪快に作ってワシワシ食べましょう!

1

米はといで水気をきる。鶏肉は皮目にフォークで穴をあけ、塩、こしょうをふる。

2

鍋に1の米と調味料Aを入れ、鶏肉をのせる。強火にかけ、沸騰したら弱火で13~15分(普通にごはんを炊くように)炊く。火を止めたら10分蒸らす。

3

タレの材料を良く混ぜ合わせる。

4

混ぜ合わせたタレを好みの量かけ(好みで市販のスイートチリソースをかけてもおいしい)。香菜をちらす。鶏肉をほぐして、ごはんに混ぜて食べる。
*米を炊くときの時間の目安は、季節や気温、鍋の大きさによって変わります。