クロックムッシュ風ホットサンド

パリのカフェで生まれたメニュー、ムッシュにするかマダムにするかはお好みで!?

材料

1人分

食パン(山型)2枚

ハム1枚

スライスチーズ(とろける)1枚

ホワイトソース(市販品)大さじ1

粉チーズ大さじ1

粒マスタード小さじ2

バター大さじ1

Point

クロクムッシュは、ハムととろけるチーズ(グリュイエールチーズ)を挟んで、両面をこんがりと焼いた温製サンドイッチのことを指します。焼きあがりの上に目玉焼きをのせると‘クロクマダム'になります。ムッシュとマダム、どちらも1910年頃パリのカフェで生まれたメニューで、‘クロク'とはフランス語で‘カリカリとした'という意味。バターを溶かしたら表面がかりかりになるようにじっくりと焼いて仕上げます。

1

ホワイトソースと粉チーズを混ぜ合わせる。

2

食パンは1枚にはバター半量と粒マスタードを塗り、スライスチーズをのせる。もう1枚には1を塗り、ハムをのせてパンを重ねる。

3

手で軽く押さえながら、残りのバターを溶かしたフライパンで両面を焼く。

このレシピに合わせてこんなレシピも