キュウリとひき肉のラー油炒め

つまみにもおかずにもなる、ピリリと辛い夏炒め

材料

4人前

きゅうり4本

豚ひき肉100g

長ねぎ1/4本

にんにくひとかけ

しょうがひとかけ

ごま油大さじ1/2

ラー油大さじ1

白ごま適量

(A)

酒、しょうゆ各大さじ1/2

砂糖小さじ1/2

Point

ラー油は中華調味料のひとつで、赤唐辛子や香辛料をブレンドし植物油に加えて加熱して作ります。じっくり炒めると香辛成分が抽出されて油が刺激的な赤色になるのです。 最近では個性的でうまみのあるラー油が増え、辛いだけでなく、香りがとてもよく、抽出した香辛料も一緒に瓶詰めされているものもあります。ラー油炒めはおいしいラー油で作るともっとおいしくなるので、自分好みのラー油を見つけて試してみてください。

1

きゅうりは塩(分量外)をふって板ずりし、縦半分に切ってから種を取ってから手でポキポキと大きめに折る。長ねぎ、にんにく、しょうがは粗みじんに切る。

2

フライパンにゴマ油とラー油を入れて熱し、1の長ねぎ、にんにく、しょうがを入れて炒める。

3

香りが出たらひき肉を入れて炒め、色が変わったら1のキュウリを加えて混ぜ合わせ、Aを順に加えて味を調える。

4

器に盛り、白ごまを振りかける。