tough top right image

快適

夏のテントは蒸し暑い?
サークルベンチレーション機能で
快適さがさらに向上!

point

コツ 01 コツ 01

テントを快適な温度に保つ
「サークル
ベンチレーションシステム」

“サウナ状態”になりやすいテント室内を換気してくれる

「サークルベンチレーションシステム」は、テントの

下から空気を室内へ送り込み、暑い空気を上へ逃がして

くれる。冷房器具がなくても、この機能があれば

ちょうどよい室内温度にしてくれます。

コツ 02 コツ 02

ベンチレーションの有無で気温差が
出ることが実証!

実際にテント室内の気温差を調べたところ、ベンチ
レーションを閉めているより開けていたほうが、テント
天頂部で最大11度、フロア部で最大6度も涼しく!
暑い日こそ、ベンチレーションシステムが大活躍します。

コツ 03 コツ 03

そのほかにこんな仕掛けが!

風を通して虫は通さない

「メッシュパネル」

「夏場の虫は要注意。でも閉めきると蒸し暑い。」

メッシュパネルは虫を入れず、空気を通す構造。

コツ 04 コツ 04

プライバシーの保護&換気が可能な

「固定式キャノピー」

「テントの中を見られるのは嫌。でも閉じきって暑いの

嫌。」キャノピーの半ばで固定できるから、プライバ
シーは
守った上で、しっかり外気を取り入れられます。

ここがポイント! 快適空間には、室内の温度や湿度も重要なポイント。
コールマンのベンチレーションシステムなら常に最適な
温度に保ってくれる。女性に多い「虫」や「プライバ
シー」の悩みも意識して、涼しさと両立したのも
ポイントだ。