【重要】コールマンオンラインショップのサイトメンテンスおよびリニューアルのお知らせ

オンラインショップ

マスターシリーズのテントで秋冬キャンプを快適に

2020/11/09

これからのシーズンは紅葉や星空がきれいに見えたり、虫が少ないなど、秋冬キャンプならではの楽しみがあります。その反面、寒さや結露などの不安要素もありますが、マスターシリーズの4シーズンコンセプトのテントは日本の大きく変化する四季と様々な天候に対応しています。そこでマスターシリーズのテントが秋冬でも快適に過ごせるポイントをご紹介します。

 

名称未設定-2

 

秋雨でも安心

191107_coleman2594

夏の高気圧と冬の高気圧がぶつかることでできる「秋雨前線」が活発になり天気がぐづつきやすく、秋も雨の降りやすい季節です。マスターシリーズのフライシートはテフロン撥水コーティングが施されているため秋雨シーズンでも雨水からテントを守り、安心してキャンプを楽しめます。またインナーテントは吊り下げ式なので濡らさずに撤収することができます。
 

結露を軽減する

_I1A0826

気温が低くなると、結露が気になる秋冬のキャンプ。朝起きると結露でテントの内側が濡れていることもあります。原因としてはテント内と外気との温度差によって、空気中の水分が水滴となり、結露が生じやすくなります。2ルームに標準装備されたルーフフライシートは、テントとフライの間に空間を作り、風を取り入れ結露を軽減する機能があります。
 

暖気を逃さず、冷気の侵入を防ぐ

_I1A0578

冬場はテント内にいてもテントの裾から吹く、冷たいすきま風に寒い思いをすることがあります。ブリーズドームを除くマスターシリーズのテントのフライシートにはスカートが標準装備されています。寒さの厳しい冬キャンプではスカートをペグダウンすることで暖かい室内の空気を逃がさず、外からの冷気をを防ぐことができます。

 

\\ 商品詳細・購入はこちら //

 

 

名称未設定-1111

名称未設定-1

\\ 商品詳細・購入はこちら //

 

名称未設定インフレーターマット

\\ 商品詳細・購入はこちら //

 
 

C0

\\ 商品詳細・購入はこちら //

 

 

 

マスターシリーズのテントで秋冬も安心して快適に、このシーズンならではのキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

MasterKV.1.GroupCamp