【重要】コールマンオンラインショップのサイトメンテンスおよびリニューアルのお知らせ

オンラインショップ

キャンプだけでなく、いつもの生活にソフトクーラーを取り入れよう

2020/08/24

クーラーといえばハードクーラーのイメージが強いと思いますが、実は「ソフトクーラー」はとっても使い勝手よく、便利なんです。
キャンプはもちろんのこと、日々のお買い物にソフトクーラーをとりいれるとぐっと保冷力もあがり安心です。
今回はキャンプだけでなく、日々のお買い物で役立つソフトクーラーの紹介をいたします。
 
 
クーラーの種類
クーラーはアウトドアにおける冷蔵庫。氷や保冷剤を入れて食品を低温に保ちます。
クーラーは、大きく2種類に分ける事が出来ます。ハードクーラーとソフトクーラーです。
それでは、2種類のクーラーの違いについて説明します。
 
 
 
ハードクーラー
保冷力で選ぶならハードクーラー。ポリエチレンボディで、壁の中には発砲ウレタンの断熱材が入っています。
断熱材が厚く、密閉性があるほど保冷力は増します。
 
ハードクーラー

シーン別、保冷力で選ぶハードクーラー

 
ソフトクーラー
軽くて持ち運びしやすく、未使用時には折りたたんでコンパクトにできます。
ハードクーラーに比べて保冷力はやや落ちますが、氷や保冷剤を追加することで保冷力を長く保つことができます。
 
soft説明
 
 
 
ハードとソフトの組み合わせ
保冷力の高いハードクーラーとコンパクトになるソフトクーラーですが、キャンプはハードクーラーを用意すればいいのでしょうか。実はハードとソフトの組み合わせがベター。
冷蔵庫同様キャンプの時も、生鮮品や飲み物などよく冷やしたいもの、加工品や野菜・調味料などは保冷順位が異なります。
よく冷やしたいものをハ―ドクーラーに入れ、それ以外をソフトクーラーを入れる。あるいは、1日目の食糧はソフトクーラー、2日目以降の分はハードクーラーに入れるといったように、それぞれの特徴を生かして使い分けることがおすすめです。キャンプを計画中でハードクーラーを購入済みの方も是非ソフトクーラーも検討下さいね。
 

合わせ技

 
 
ソフトクーラーの選び方
ソフトクーラーもシリーズによって保冷力が異なります。
用途に合わせて、シリーズ、容量でクーラーを選びましょう。
デイリークーラーimage
 
アルティメイトアイスクーラーⅡ/35L(アクア)
キャンプやアウトドアに最高の保冷力のソフトクーラー。
2ℓのペットボトルが12本入る容量たっぷり約35ℓ。宿泊キャンプだけでなく、BBQにもおすすめです。
持ち手で持ったり、ベルトで肩掛けもできる嬉しい2WAY仕様。
 
アルティメイト35
 
49マーク42時間保冷※してくれるので、キャンプやBBQに最適!※保冷性能実験(P110 Ice Longevity Test)約30℃の室内に、定められた量の氷を入れた製品を置き、氷が完全に溶けるまでの時間を計測。
 
また、蓋上部に小窓がついておるので、わざわざチャックを全開にしなくてもこの小窓からサッと取り出せます。物の出し入れでボックス内の冷気を逃さず、保冷力を維持出来ます。
 
アルティメイト
 
折りたたんだ状態で収納ができるので、とてもコンパクト。キャンプの帰りは食材が少ないので、ハードクーラーのみにまとめて、こちらのソフトクーラーは折りたたむようにすれば帰りの荷物を少しだけコンパクトにできます。
折りたたみアルティメイト
 
アルティメイトアイスクーラーⅡ/35L(アクア)はコチラ
 
 
エクストリーム®アイスクーラー
保冷力約1日のソフトクーラー。
BBQやデイレジャーにぴったりです。サイズも3サイズより選べるので、用途に合わせて選べます。
 
エクストリームアイスクーラー
 
フタの裏側には保冷剤が入れられるネットが付き、冷気を逃さずに中身を取り出せる小窓も備えているので安心です。
アルミ製のライナーは取り外しできるので、お手入れしやすく清潔に保てます。アルティメイトアイスクーラーⅡと同様、使わない時は折りたたんで、コンパクトに収納ができます。
また持ち手で持ったり、ベルトで肩掛けもできる2WAY仕様なので、とっても便利です。
 
エクストリー収納
35Lと25Lはキャンプには1日目の食材分の保存にちょうどよいサイズなので、ハードクーラーのサブクーラーとしておすすめ。
エクストリーム®アイスクーラー/35Lはコチラ
エクストリーム®アイスクーラー/25Lはコチラ
 
15Lは500mlのペットボトルが13本入るので、キャンプやBBQの飲み物を入れたり、ピクニックなどのデイレジャーの飲み物やお弁当を入れるのにおすすめです。
 
15L
エクストリーム®アイスクーラー/15Lはコチラ
 
 
デイリークーラー
保冷力約半日のソフトクーラー
デイレジャー、スポーツ観戦だけでなく、日々のスーパーマーケットでのお買い物にもおすすめです。幅広いラインナップがあるので、お気に入りのアイテムを見つけて日々のお買い物も楽しく過ごせます。
デイリークーラーimage
 
デイリークーラー一覧はコチラ
 
  • デイリークーラー/30L
    使用時サイズ:約34×24×33(h)cm 容量約30ℓの大容量。
    2ℓのペットボトルも8本も入るので、キャンプ・BBQだけでなく、スーパーのまとめ買い時にもおすすめです。
     
    デイリークーラー30ℓ
     
     
     
  • デイリークーラー/20L
    使用サイズ:約33×23×27(h)cm 容量約20ℓ。
    2ℓペットボトルは入りませんが、500mlのペットボトルが14本も入るのでスポーツ観戦、部活や、日々のお買い物におすすめです。
     
    デイリークーラー20LL
     
     
     
  • デイリークーラー/10L
    使用時サイズ:約27×20×23(h)cm  容量約10ℓ。
    お弁当や飲み物を入れるのにピッタリなサイズ。公園遊びなどのデイレジャーにおすすめです。
     
    デイリークーラー10リットル
     
     
     
  • デイリークーラートート/25L
    使用時サイズ:約52×22×35(h)cm 容量約25ℓ。
    肩掛けしやすいトートタイプのソフトクーラー。スーパーマーケットのお買い物だけでなく、BBQ時の買い出しにもおすすめです。
     
    トート25L
     
     
     
  • デイリークーラートート/15L
    使用時サイズ:約42×20×27(h)cm 容量約15ℓ
    日々のお買い物だけでなく、BBQ時にもおすすめです。
     
    デイリークーラー10リットル
 
デイリークーラー一覧はコチラ
 
 
今回はソフトクーラーにスポットをあてて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
アウトドアの中で冷蔵庫の役割を果たすクーラー。ハードとソフトそれぞれの特徴を知って、是非使い分けてみてくださいね!また、レジ袋有料にもなりましたのでエコバックを検討中の方は、是非この機会に保冷力のあるソフトクーラーをとりいれてみてくださいね。
 
末尾
 
 
    \\ ハードクーラーの選び方はコチラ //
その他ハードクーラー