Top banner

テントをちゃんと設営できたとしても、まだ半分はちょっと不安。

テントを元どおりにたたんで、コンパクトに片付けられるか。

撤収はなるべくスムーズにしたいから、これも予行演習をしておきたい。

キャンプビギナー

山田さん

家族四人でキャンプデビュー予定。子どもの前でバッチリいいパパをアピールしたい。

コールマン プレス担当

阿部さん

キャンプ好きが集まるマーケティング部で広報を担当。笑顔がステキな若手のホープ。

テントを片付ける

阿部さん

テントの設営ができたので、このまま撤収も練習しておきましょう。

山田さん

はい、ぜひ! 撤収も大変そうだなって思っていたんですよね。シャツをたたむのすら得意じゃないのに、こんな大きいもの、うまく元どおりにできますかね?

阿部さん

(笑)順番とコツをおさえておけば、大丈夫ですよ。次に使う時のことも考えて、整理とメンテナンスをしながら片付けていきましょう。

山田さん

順番は組み立てたときと逆にやっていけばいいんですかね。

阿部さん

はい。基本的にはそれで間違いありません。撤収の際に覚えていて頂きたいことは、テントが夜露などで濡れてしまっている場合は、フライシートやインナーテントをしっかりと乾かしてから撤収して下さい。そうしないと、テントの撥水効果が損なわれますので。そうしましたら、フライシートのペグをすべて外していきましょう。ペグに土や汚れが付いていたり、濡れていたりしたら、キレイに拭いておきましょう。そのままにしておくと、特にピンペグは錆びてしまうので気をつけてください。本数を確認しながら付属のペグの収納袋にまとめておくと、忘れ物防止にもなりますよ。

山田さん

けっこう土がついていたりするんですね。ロープはどうしますか?

阿部さん

テントとの結び目をほどいて、1本ずつまとめておきましょう。手のひらに巻きつけていって、残りが30cmくらいの長さになったら、それで縛っておきます。そうする事で、袋の中で絡まらず、次回もすぐに使えます。

山田さん

できました! 次はインナーテントのペグですね。

阿部さん

はい。こちらにも土が付きやすいので、しっかり落としてあげてください。

山田さん

ホントだ。がっつり付いてる。水洗いしたほうがいいかもな。

阿部さん

汚れが酷ければ、そうして下さい。湿気を残さないようにちゃんと拭き取ってくださいね。ペグとロープを外してまとめたら、フロントポールとリアバイザーポールも外しましょう。そして次にフライシートを片付けていきます。

山田さん

フライシートが難しそうだなぁ。何からすればいいんですか?

阿部さん

手順さえ理解すれば問題なしです。コツは「丁寧に」ですよ。 まずはメインポールに固定している面ファスナーテープをすべて外して、フライシート前後のファスナーを閉め、四隅のフックを外します。天井の中央あたりを持って、そのまま横へ移動するようにインナーテントから取り外し、地面に広げたら、フライシート前後の四隅を持って中央を折り込みながら半分に折って下さい。長方形になるように、両端を中に折り込んで、更に中に折り込んで1/4サイズにしてください。目安はポールケースと同じ幅です。

山田さん

なるほどー。この幅と合わせていけばいいんですね。

阿部さん

そうです。この幅に収めれば、収納ケースにもぴったり収まります。フライシートをたたんだら、その上にペグをまとめた袋や荷物などを置いて、風で飛ばないようにしておきます。残ったインナーテントは、たたむ前に入口の下の部分だけチャックを開けて、さらにひっくり返して床の生地を乾かしてあげましょう。一一晩でも地面からの湿気を浴びてしまいますから。

山田さん

このままひっくり返すだけなら、楽でいいですね。

阿部さん

これをやっておくだけでも、だいぶ違いますよ。天気が良ければの話ですが。地面に固定されていないので、風で飛んでいってしまわないように気をつけてください。風がある時は、固定している四隅の内、2つのコーナーのペグを外さないでおいて下さい。

山田さん

わかりました! 床が乾いてきたら、元に戻してポールを抜いていいですか?

阿部さん

はい。ポールを外していきましょう。まず四隅のアシストクリップを外して、地面にペタッと置きます。そしてポールは引くのではなく、押して抜いてください。引くとポールがスリーブの中で外れてつっかえてしまうことがありますから。

山田さん

抜いたポールは折っていけばいいんですかね?

阿部さん

そうですね。端からではなく、中央あたりから折りたたんでください。そうするとポールの中に通っているショックコードというゴムのテンションが均等になり、伸縮性が劣化しずらくなります。

山田さん

なるへそ。これは教えてもらわないと気づかないですねー。

阿部さん

懐かしいですね。世代が近いのがわかりました。インナーテントの生地だけになったら、天井部分のポールを通していたスリーブを中央に四角くなるようにまとめていきます。こうしておくと、次に設営するときもポールを通しやすくなります。それができたら、右から中央へ、左から中央へとたたんでいき、さらに半分にして、フライシートと同じくポールケースと同じ幅にしてください。

山田さん

できました。だいぶコンパクトだ。

阿部さん

はい。いい感じです。あとは巻いていくだけですよ。インナーテントの上にフライシートを重ねて、ポールケースを芯にして巻き込んでいきましょう。ヒザを使って体重をかけて空気を抜きながら巻いていくのがコツです。

山田さん

おぉー。コンパクトになりました。これを収納ケースに入れたら完成ですね。

阿部さん

そうです。ただし巻いた生地を持ち上げるのではなく、ケースを上からかぶせるようにして収納したほうが簡単です。これもコツですね。

山田さん

意外と片付けもコツが多い! 練習しておいてよかったです。

テントを片付けるときのまとめ

ペグやロープは錆び防止や次回も使いやすいように、キレイにしてから収納する。

インナーテントはたたむ前にひっくり返して床を乾かしておく。

フライシートとインナーテントをたたむときは、ポールケースの幅を目安にする。

「キャンプの準備」編

山田さん、キャンプの予行演習をする。

関連リンク