骨付きチキンのリンゴクリーム煮

クリーミーな甘さとリンゴの酸味のマリアージュ

材料

4人分

鶏手羽元肉8本

リンゴ1こ

マッシュルーム8こ

にんにく(みじん切り)ひとかけ

たまねぎ(薄切り)1こ

シードル2カップ

ローリエ2枚

生クリーム1カップ

塩、こしょう適宜

薄力粉適宜

バター大さじ2

Point

リンゴで作ったお酒が‘シードル‘です。製造法はワインと同じですが、発泡性のものと無発泡のものとがあります。どちらもリンゴの果汁だけで作られたお酒で、フランス産のモノが有名ですが、日本でもリンゴの産地・青森で作られているものがあります。発泡性のシードルは、アルコールと炭酸の力で肉を軟らかくし、リンゴの甘さがスープにコクを出してくれます。肉にリンゴ?と思いがちですが、クリームの甘さをほんのり和らげ、ほんの少し酸味のある、さわやかな仕上がりになります。子供たちがいる場合は、炭酸入りのリンゴジュースを使ってくださいね。

1

鶏肉に塩、こしょうをふり、薄力粉まぶしてよけいな粉をはたき落とす。リンゴは皮をむいて芯を取り除き、くし切りにしてから薄切りにする。マッシュルームは半分に切る。

2

フライパンにバターとにんにくを入れて炒め、香りが出てきたらたまねぎを加えてしんなりするまで炒める。

3

1の鶏肉を入れて全体に焼き色をつけたらシードルとローリエを加えて煮る。

4

煮立ったらアクを取り、リンゴとマッシュルームを加えて蓋をする。弱火でコトコトと20分ほど煮る。

5

鶏肉が柔らかくなったら生クリームを加えて、塩、こしょうで味を調え、沸騰しないように注意しながら弱火で5分ほど煮る。

このレシピに合わせてこんなレシピも