ベイクドポテトチキン

じゃがいもとチキン、2つのおいしさを合体!

材料

4人前

じゃがいも(小粒)8こ

オリーブ油大さじ1

鶏手羽元肉8本

にんにくひとかけ

ローズマリー2枝

バター大さじ1

塩、こしょう適宜

Point

保存性が高く、1年中供給が安定しているじゃがいもは全国的に作られている、おなじみの野菜です。1年を通して手に入り、値段も安定しているので、キャンプ料理でも「あると安心」な野菜です。春先に出回る「新じゃが」は男爵いもの早どりで、春の訪れを告げる野菜のひとつ。未熟なうちに収穫するので水分が多く、皮も薄くて食べやすいのが特徴です。ころころと小さくて皮が薄く、指でこするだけで皮がむけそうなものが良品とされています。収穫してから時間が経つと風味が失われるので、新ジャガを手に入れたらなるべく早いうちに食べましょう。
ベイクドポテトは、ダッチオーブン料理ビギナーなら一度は作ってほしい簡単料理です。ローストチキンも小さな手羽元肉なら失敗もなくできるので、ぜひチャレンジを!

1

じゃがいもは皮ごと使うので、たわしでよく洗う。にんにくは包丁の腹でつぶす。ローズマリーは枝から葉を外す。
温めたダッチオーブンにオリーブ油を熱してにんにくとローズマリーを炒める。香りが出たら手羽元肉を入れて表面をこんがりと焼く。一旦取り出しておく。

2

1のじゃがいも加え、15~20分加熱する。

3

じゃがいもと鶏肉に火が通ったらバターを加え、全体をからめ、塩、こしょうで味を調える。
※焼けてる目安→じゃがいもは竹串がすっと通れば、鶏肉は竹串を刺して中から出てくる肉汁が透明ならOK

このレシピをつくるのに必要な調理器具・クックウェア

このレシピに合わせてこんなレシピも