レタスのアンチョビ串焼き

歯ごたえを残してささっと焼くのがコツ!

材料

2人分

レタス1/2こ

アンチョビフィレ1枚

バター大さじ1

オリーブオイル小さじ1

塩、粗挽きこしょう各少々

Point

生でシャキシャキと食べるサラダ野菜としておなじみのレタス。食べきれなくて残ってしまったときは、加熱調理して、小さな1品にしてしまいましょう。レタスは加熱してもシャキシャキ感が損なわれにくいので、焼いても煮ても歯ごたえ良く食べられます。串焼きは、葉がバラバラにならないように串を刺してから、切り口をジュージューと焼き付けます。あまり火を通し過ぎると、歯ごたえが半減してしまうので、要注意です!しんなりする前に取り出して、温かいうちにいただきましょう!

1

レタスはくし切りにし、芯から葉に串を刺す。アンチョビーは粗みじんに切る。

2

フライパンにバターとオリーブ油、1のアンチョビーを入れて熱し、1のレタスの切り口を焼く。

3

切り口にこげ目が付いたらできあがり。

このレシピに合わせてこんなレシピも