茎まで食べる!ブロッコリーのアーリオ・オーリオ

ひと株まるごと使い切りレシピ

材料

2~3人分

ブロッコリー1株

ニンニク(粗みじん)ひとかけ

赤唐辛子(輪切り)1本

オリーブ油大さじ1~

塩、こしょう各適量

醤油小さじ1

Point

ブロッコリーはキャベツの子孫で、カリフラワーとは親戚関係にあたります。食べて見ると分かりますが、キャベツの芯とブロッコリーの茎は似たような味がします。茎の部分は硬いので、ほとんどの部分を捨ててしまいがちですが、下ゆでをしたり、細く刻んだりすればおいしく食べられます。アーリオ・オリオはイタリア語で、アーリオ=にんにく、オリオ=オイルのこと。シンプルな味付けなので、ぼけた味にならないように、塩、こしょうはしっかりと、醤油は香りづけ程度に加えるのがコツです。

1

ブロッコリーは小さめの小房に分ける。茎は皮の厚いところはピーラーでそぎ落とし、細切りにする。

2

フライパンにオリーブ油とニンニク、赤唐辛子、塩ひとつまみを入れて、弱火にかける。

3

香りが出てきたら中火にして1のブロッコリーを炒め、油がまわったら塩をひとつまみ加えてフタをする。

4

2分ほど蒸し焼きにし、ブロッコリーに火が通ったら醤油を加えて全体に絡め、最後に塩、こしょうで味を調える。

このレシピに合わせてこんなレシピも