テントの撤収のコツ

Q01テントの撤収
A01

1)フライシートをたたみます
フライシートが乾いたらたたみます。フライシートは立体縫製なのでぴったりとはたためませんが、できるだけ四角くたたんでいくのがポイントです。後でポールと一緒に巻き込みますから、まずは写真の状態までたたんでおきます。

  • まずフライシートを外します。

    二つ折りにして地面に広げます。

  • 両サイドを折り四角いカタチにしていきます。

    ケースの倍の長さを目安に両サイドを折ります。

  • ケースの長さに折り、一旦終了。

2)テントを干しましょう
軽く叩いて汚れを落としたら、まずフライシートを外し、次にテントのペグを抜きます。抜き終わったらテントを倒してボトムを干しましょう。フライシートも干して内側の湿気を取り除きます。理想は風通しのいい場所での陰干し。干す場合、テントが風に飛ばされないよ うに、ペグダウンしておくことを忘れずに。

  • 湿気はカビを発生させ悪臭、変色の原因になります。

    ロープとペグを干します。
    ペグは泥を落とし乾燥させましょう。ロープも干して乾燥させておきます。

3)テントをたたみます
テントが乾いたらたたみます。ポールを抜く時は、設営の時と同様に押して抜きます。また、ドアパネルは大きく開けて、中の空気が外へ抜けやすいようにしておくとラクです。ポールを抜いたら、写真のようにテントの天井部分をひっぱって、四面のシワを伸ばしながら、じゃばらの状態に四角くたたみます。この時ドアパネルは全部閉めず、下部だけ開けておきましょう。

  • ポイント1「空気を逃すたたみ方」 写真の手順のように、下部を開けたドアパネルを塞がないようにたたむのがポイントです。ポールで巻き上げる際、開けた部分からテント内の空気が排出され、コンパクトに巻き上げられるからです。

    片側をきれいに伸ばし上部を折り曲げます。

  • 反対側も同じように伸ばし折り曲げます。

    左右も同じ要領で伸ばしシワをとります。

  • 最後の面 の上部を折り返すと下の写真になります。二重のじゃばらに折り畳んだことになります。

    ケースの倍の長さを目安に両サイドを折ります。

  • さらに折ります。

    ふたつ折りにします。

4)ポールを折りたたみましょう
ポールは、乾いた布でよく拭いてからたたみます。端から折るのではなく、センターから折りたたみます。端から折ると中のコードが片側にひっぱられ、断線する可能性があるからです。

  • ポールは真ん中から折りましょう。

5)ポールを軸にして巻き上げます
ポールをケースに入れたら、まずフライシートを巻き上げます。中の空気が抜けるように、上から下へ巻きます。次に巻き上がったフライシートを軸に、テントを巻き上げます。この時も中の空気が抜けるように、ドアパネルに向かって巻きます。

  • 巻き上げながら中の空気を吐き出します。

6)ケースに収納しましょう
巻き上げたテントは、ケースに入れるのではなく、ケースを被せるようにすると型くずれしないでスムーズに収納できます。ペグやロープを入れるスペースも十分確保できるはずです。くれぐれもペグやロープの収納忘れのないように。

  • 上から被せれば簡単に入るはずです。

    はい出来上がり。

Q02タープの撤収
A02

1)しっかり乾燥させます
まず四隅のロープを外したら、軽く叩いて汚れを落とします。しっかり乾燥させたら、2人でシートの両端を持ち、二つ折りの準備をします。

  • 湿気はカビの元凶。きっちり乾かしましょう。

2)ポールを外します
まず、片方のポールを倒します。反対側も同様の作業を行います。

  • ポールを外します。足で軽く蹴ってもいいでしょう。

    地面が濡れいる場合はこうして布の汚れを防ぎます。

  • 地面は濡れている場合は空中で畳んでください。

3)長方形にたたみます
写真の手順に従ってタープをたたみます。地面が乾いていれば地面でたたんでもいいのですが、両サイドを2人で持ってたためば、タープを汚さずに済みます。

  • 地面が濡れている場合はこうして布の汚れを防ぐため空中で畳んでください。

    ケースの長さに畳みます。

4)空気を逃がすように
写真の手順のようにたたみ、タープ内の空気がたたむごとに外へ排出されるようにします。

5)ポールで巻き上げます
ポールで巻き上げる際も、タープ内の空気が最後まで押し出されるように巻き上げていきます。

  • ポールで巻けば下から空気が抜けます。

6)ペグやロープを乾燥させます
ペグやロープや汚れていたら掃除して、しっかり乾燥させてから収納しましょう。

  • はい出来上がり。

Q03装備の汚れ落とし
A03

テントやタープを長持ちさせるためには、キャンプ場での撤収の際に、必ずきれいにしておきましょう。こまめに土や汚れを拭き、濡れたままにせず乾かしておけば、カビやサビの心配もないので安心です。 まず、ポールは濡れたタオルで土を落として乾燥させます。ジョイント部分の汚れは、使い古した歯ブラシなどでこすってとります。サビ止めのスプレーをかければなおいいでしょう。テントやタープの生地はかたく絞ったタオルなどで拭きます。雨で濡れている場合には、十分に乾かします。グロメットはよく土を落とし、サビ止めスプレーをかければ万全です。

  • 湿気も大敵。汚れを落とし、よく乾燥させましょう。

Q04大切!ペグの回収
A04

撤収で忘れがちなのがペグの回収。抜けにくくても、ペグのヘッドにペグを通 して回したり、張り綱を引っかけてペグの近くを引っ張ればたいてい抜けるはず。専用のペグ抜きも安価で市販されています。次の人の安全のためにも、ペグの回収は徹底したいものです。付いた泥は、タワシでこすりながら、水洗いで落し、その後、乾いたタオルで水分をふき取っておきます。

  • 本数の確認も忘れずに。破損したら補充も必要です。

Q05賢い撤収方法
A05

タープやテント、スリーピングバッグはよく干してから収納しないと、カビや悪臭の原因になります。雨の日は、タープがあればその下で作業します。まずタープの中のものを片づけ、次にテント内、テント、タープの順。テントやタープはテーブルの上で作業し、ビニール袋や空のクーラーに入れれば、よけいな汚れが付きにくいです。片づけが終わったものは、車に積み込む順番に並べておきましょう。また、使っていてメンテナンスが必要になったものや、足りなくなったものは何らかの形で記録しておくと、家に帰ってからの作業効率がまったく違います。きちんとした撤収をすれば、次のキャンプの準備にもなります。

  • 帰宅後の整理がラクになる撤収を心がけましょう。

問題が解決しなかった場合はこちらにご連絡ください

窓口 コールマンジャパン株式会社 カスタマーサービス
所在地

〒108-0023
東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル

Google Maps
フリーダイヤル 番号通知でのご連絡をお願い致します。
0120-111-957
Foodsaver商品に関するお問い合わせは、
0120-36-2040 まで
受付時間 月~金 AM10:00 ~ PM5:30(土・日・祝日は休)
お問い合わせフォーム